フィルムカメラ買取額アップ術ブログ

マミヤ 645 PRO (TL)|人気はあるも安く買取されがち?

確実な需要があるも、買取額はかなり低く設定している店舗が多い


ライバル機種であるペンタックス645Nは、AFということもあり近年かなり買取価格が上昇していますが、それと比べるとこの645PROは基本的に落ち着いた相場になっています。前身機種であるマミヤM645は、今はだいぶ価格も下がってしまいましたが、645PROはそこまで下落しておらず、645中判の入門としても人気があります。

中判カメラの中でも6X4.5cm判は、6X7cm判と比べると確かに人気も少し負けますが、それでも確実な人気があり中古市場でも極端に安くなっているという訳ではありません。しかし特に大手店ではかなり安い買取額を設定しているようです。

TTL調光が可能になった645PRO TL の方が人気が高く、場合によっては645PROの倍近くの値段が付くほどこちらの方が相場は高くなっています。


「645 PRO」と「645 PRO TL」の違い

この2つは見た目はほぼ同じで、ボディ前面左肩の記名が「PRO」か「PRO TL」の違いくらいです。性能面でも違いはないのですが、645 PRO TLは、ドイツのメッツ社のストロボとSCA395アダプターを使用した時、TTL調光が可能になります。


これで買取査定額アップ!!マミヤ 645 PRO (TL)を高く売るコツとは?

マミヤ645用レンズは2種類ある

このマミヤ645PRO用のレンズには、名前の最後に「N」が付く後期タイプのレンズが存在します。基本的には性能面や買取額に違いはありませんが、「N」が付かない前期タイプは弱点としてクモリが発生しやすいので、日頃の管理はしっかりすることをお勧めします。

ファインダーやフィルムバックの種類

他の中判カメラの例に漏れず、ファインダーやフィルムバックには色々バリエーションがあります。一番高値が付くのは、やはりAEファインダーと120フィルムバックの組み合わせです。ウエストレベルファインダーや220フィルムバックの場合は、やや査定額が下がります。

80mm F1.9 レンズは今でも探している人が多い

645PROの標準レンズとしては、セコール C 80mm F2.8 レンズがありますが、さらに明るい 80mm F1.9レンズは中判カメラ用のレンズとしては最も明るく、今でも探してい人が多くいるほどの人気レンズです。ですので、当店でも高値で買取させて頂いています。

※上記チェックポイントはあくまでも当店の基準となります。


くらべて分かる!イシイカメラのマミヤ 645 PRO (TL)の高額買取価格!

もちろんマミヤ 645PRO (TL)も高額買取いたします!他店では安く買取されることが多いですが当店はしっかり値付けします!他店参考価格と比べてみてください!

マミヤ 645 PRO ボディ

【イシイカメラ最高買取価格】15,000円

大手カメラ店参考買取価格 約3,000円~10,000円

マミヤ 645 PRO ボディ + セコール C 80mm F2.8 レンズ

【イシイカメラ最高買取価格】20,000円

大手カメラ店参考買取価格 約5,000円~15,000円

マミヤ 645 PRO ボディ + セコール C 80mm F1.9 レンズ

【イシイカメラ最高買取価格】35,000円

大手カメラ店参考買取価格 約10,000円~15,000円

マミヤ 645 PRO TL ボディ

【イシイカメラ最高買取価格】25,000円

大手カメラ店参考買取価格 約5,000円~15,000円

マミヤ 645 PRO TL ボディ + セコール C 80mm F2.8 レンズ

【イシイカメラ最高買取価格】30,000円

大手カメラ店参考買取価格 約10,000円~15,000円

マミヤ 645 PRO TL ボディ + セコール C 80mm F1.9 レンズ

【イシイカメラ最高買取価格】45,000円

大手カメラ店参考買取価格 約10,000円~15,000円

マミヤ 645 セコール C 80mm F1.9 レンズ

【イシイカメラ最高買取価格】20,000円

大手カメラ店参考買取価格 約5,000円


新品同様品などであれば、さらに高値が付く場合もあります!お気軽にお電話でのお問合せ、買取査定お申込みください!

>> その他のマミヤの買取商品一覧はこちら



【機種紹介】マミヤ 645 PRO (TL) とは?

海外でも人気が高い、645判中判一眼レフの元祖


前身機種であるマミヤM645は、645判で初めてのレンズ交換式の中判カメラでした。その後、M645 1000S、M645スーパーを経て、この645 PROとなりマニュアルフォーカスのマミヤ645は完成形となりました。

見た目も初代と比べると、丸みを帯びたスタイリッシュな外観となり、持った感じのフィット感も良くなりました。

最大のライバルであるペンタックス645は、ファインダーやフィルムバックは一体型であり交換できませんが、この645PROはどちらも交換可能でグリップも着脱可能と、フィールドでも取り回しがしやすいです。



著者:Akihiko Suda

著者:Akihiko Suda

イシイカメラ 主任、鑑定士。「僕が知らないカメラやレンズはこの世には存在しません」と豪語する、フィルムカメラをこよなく愛する30代オッサン予備軍。レアでマニアックなフィルムカメラやオールドレンズを見ると極度に興奮してしまう生粋のマニア体質。大好物の超レアな機種の査定のお申し込みがあった際に、うっかりかなり高く査定を付けてしまうときがあることがたまにキズ(笑)

フィルム専門店だから分かるカメラの価値、確かな査定。
業界最高峰の買取金額!

当店はフィルムカメラ・オールドレンズに精通した鑑定士があなたの大切なカメラやレンズの本当の価値を見抜き、正当な買取金額を提示いたします。
人気記事ランキング
カテゴリー
タグ
【メニュー】
【メーカー別買取商品例】

フィルムカメラ、大判・中判カメラ、オールドレンズ買取専門
イシイカメラ
古物商許可証番号 東京都公安委員会 第302221508010号
< 買取査定のお申込み、ご相談などは >
フリーダイヤル:
0120-987-968
電話受付時間【10:00~20:00】